Tel:075-525-1727休業日:年中無休

保育内容のご案内

保育内容のご案内。

ミルキーウェイサービスの春

春の行い 春は散歩を行い散歩で見つけた花や虫の名前を図鑑で見つけます。 散歩に行くので毎日の気温の変化や、風や匂いの変化・お日様の暖かさや日の入りの時間の変化を感じるようにさせます。 散歩の場所:だいたい1キロ~2キロは歩かせる。公園・買い物・八坂神社・清水寺・知恩院などにいきます。 池の亀が冬のあいだ冬眠していなかったが、春になって冬眠から覚めて出てきたことを知ります。 2週間に1回遠足に出かけます。
場所: 3歳児以上は動物園・御所・京都駅(電車や新幹線を見る)・など 。 2歳児は片道を歩く(帰りはバギーなど)
5月は恵比寿神社のお祭りでおみこしをひく(2歳から)

ミルキーウェイサービスの夏

夏の行い 暑い時期は、朝の早い時間か夕方の涼しくなった時間に散歩に行きます。 夏の初めの蝉の声(蝉の種類で鳴き方が違い時期により生殖期間が違う)から、終わりの泣き声の違いで移り変わりを気づく事ができます。 夏に充分汗をかくことにより汗腺の発育を促し、代謝の良い身体作りができます。 これは、冬などに風邪をひかない・ウィルス性の病気にかかりにくいなどの、基礎代謝の増強につながることになると言われています。 また、積極的に水遊び・ビニールプール遊びを行い、水が顔にかかっても大丈夫になり、水を怖がらず遊べるようになるよう指導しています。 手先・指を使う遊びを夏の間充分にすることにより、脳の活性を促すよう心がけています。 充分に活動することにより食欲も出る中で、自分で調理や採取(野菜)する体験で好き嫌いを減らしていきましょう。 サマースクール・小学生キャンプなども行っています。

ミルキーウェイサービスの秋

秋の行い 植物や虫などで秋の季節を知ります。 秋の実りの収穫を体験します。 運動会で普段と違う活動・綱引き・玉入れ・競争を経験します。 マラソンの距離をのばしていきます。 散歩の距離を長くしていく。2キロ~4キロ:梅小路蒸気機関車館(七条大宮)・出町柳(鴨川)など 毎週遠足に行きます。 アスレチックなど、考えながら行動する遊びを体験することにより、集中力を養い怪我をしないように遊べるようになります。

ミルキーウェイサービスの冬

冬の行い 雪遊び・スケート教室(4歳児から)など冬の遊びを体験します。 マラソン・薄着保育をおこないます。 冬でも遠足など課外活動を2週間に1回行います。 鴨川マラソンで5歳までに出町柳往復コースを走れるように計画します。

水泳・川遊び

今までほぼ全員、泳げるようになりました。 水泳は子供の基礎能力を高めます。卒園するころにはみんな泳げるようになっています。

読書

児童図書を約1000冊以上そろえております。 最近の子供たちは国語力が低くなっているといわれています。 その原因が読書離れではないでしょうか? ミルキーウェイサービスではそのためにも豊富に本をそろえております。

絵画

子供の絵画

  • ①口に入れても安全なベビーカラーからクレパス・マジック・絵の具など、年齢にあわせて色んな材料にふれて違いを体験します。
  • ②紙でも小さいものから大きな紙・素材の違う紙だけでなく、石や皮・発泡スチロールなど色んな材料で幅広い活動を経験します。
  • ③毎年、京阪電車などの絵画展に出品します。
  • ④絵を描くだけでなく折り紙製作などの活動を月2回以上製作帳に残していきます。
  • ⑤はさみの正しい使い方を知らせます。

一時預かり 一時保育

一時預かり 一時保育はこんな方に 冠婚葬祭や急な用事が入った時に お買いものや食事・ママのリフレッシュに 「この日のイベントはわが子にさせたい」等。 交通にも便利な保育ルームにお越しください。

ベビーシッター派遣はこんな方に

一時預かり 一時保育はこんな方に 美容院や病院に行っている間・・・・ 幼稚園や学校のお迎えに行ってそのままお家で 病気中、病後でそのまま集団保育へは預けられない ホテルで見てほしい その他のご要望をお聞かせください。

24時間保育

24時間保育はこんな方に 早朝から深夜、お泊りまで、ご予約さえ頂ければいつでもお子様をお預かりします。一時保育はもちろんのこと、 保護者の方 一人一人にあわせた月極保育プランをご提案します。ぜひご相談ください。

月極め保育

月極め保育はこんな方に 保育園では預かってもらえない時間帯だから・・・・ 数か月預けたい、又は毎週3日間だけ預けたい、等々、お一人お一人様のご希望を伺い 料金を設定させて頂きます。

体育活動

  • ①怪我をしないため、柔軟性が大切なので、柔軟徒手を0歳児から (赤ちゃん体操から幼児体育まで)取り入れた活動をする(こけるときに手が出ない子供が多く、 こける時には前に手が出るようになることから身体を柔軟にすることで怪我をすることが少なくなるため)
  • ②年齢や発達により、飛び箱・鉄棒・マット運動・フープ遊びをする (小学生の体育の授業で飛び箱が飛べない・鉄棒が出来ない子供が増加しているので、 フープは縄跳びの前段階の活動)
  • ③小学生になるまでに縄跳びを飛べるようにする(手と身体のバランスが崩れていると縄跳びは飛べない。 小さい頃からリズムよく身体を動かせるようにさせる)
  • ④ボール遊び(転がす・投げる・受ける)を0歳の頃から遊ばせる(歩けるようになったら蹴る・止めるなど活動を増やす) (動くものを追いかける・目で追う・などの行動を繰り返すことにより脳を刺激し身体を動かす方向を瞬時に判断する 繰り返すことにより、判断力のスピード化につながり相手までの距離感や動体視力が向上をすることになる)

調理給食活動

年齢により、手作りおやつやカレー・ピラフなどの簡単な調理活動をする (自分で作ることの楽しみや、火傷など危険が伴うことの両面を知らせる。又、自分で作る事により好き嫌いがなくなる)

  • ①創作する楽しさを知り調理に興味を持たせるとともに、後片付けもきちんとさせる(食べた食器は1歳児から洗い場にもって行く)
  • ②テーブルを拭くことから手の消毒をすることなどを習慣づける
  • ③自分のお皿に入れたものは、残さず必ずきちんと完食する習慣をつける
  • ④食べるものは大切にするとともに、食べるときのマナー(口の中に入れたまましゃべらない・おはしを噛まない・肘をつかないなど)やおはしの正しい持ち方を知る
  • ⑤食べることが苦痛でなく、楽しく食べれるような雰囲気を作る(楽しく食べることで消化吸収が良くなるため)

保育

製品名

一時預かり

詳細はこちらをクリック

製品名

ベビーシッター

詳細はこちらをクリック

製品名

24時間保育

詳細はこちらをクリック

製品名

月極保育

詳細はこちらをクリック

↑ PAGE TOP